必然的な風俗体験
フリースペース
 >  > 恋人みたいなIちゃん

恋人みたいなIちゃん

あるまったりとした土曜日の夕方、コンビニでビールを買って、家に帰り、バラエティ番組を見ながら、ゆっくりとビールを飲みます。至福の時間です。そんな幸せな時間に、彩りを添えるため、デリヘル嬢を呼ぶことにしました。普通っぽくてかわいい子がいいなと思い、指名しました。電話をしてわずか20分ほどでIちゃんは来ました。Iちゃんは、素人娘感がはんぱないかわいい子です。かわいこちゃんと呼びたい感じの女の子でした。Iちゃんは私の隣に座ったとき、テレビから爆笑の声が、ついふたりして、画面を見ると、旬の芸人がネタをしてました。思わずふたりで大笑いし、一気に打ち解けました。テレビを消して、ディープキスをして、押し倒して、おっぱいを揉み揉みしました。お風呂に入って、そこで、パイズリをしてもらい、一回目の発射をしました。そしてお布団のある部屋で、騎乗位の素股をしてもらい、二度目の発射です。まるで恋人みたいだったIちゃんは、30分のサービスタイムが終わると去って行ったのでした。ああ、また会いたいです。

[ 2014-11-23 ]

カテゴリ: デリヘル体験談